検索力ってどうよ?

あなたにとってシンプルな検索サイトは?

Googleが登場したとき、私を含め多くの人はその画面の素っ気なさに驚きました。検索サイトとしては先輩にあたるYahoo!がカテゴリ項目だらけの賑やかな画面なのに対し、Googleは検索語入力フォームとロゴのみというストイックな画面。当時まだ回線が太くない環境でネットをしていた私にとっては、ポータルサイトとして肥大化していくYahoo!のトップページの重さが気になっていました。でもGoogleは待つことなく表示され、さっと検索ができる。これぞ、シンプル・イズ・ベスト!だと思いました。

しかし「Yahoo!はGoogleよりシンプルだ」という見方もあるのです。詳しくは(私の個人ブログのエントリーなのですが)「with Computer | Yahoo!はGoogleよりシンプルだという見方」をご覧ください。要は、何かを見つけるという結果に対して、探したいことが明確な場合はGoogleが、なんとなくウィンドウショッピングをして情報を見つけたい場合はYahoo!がシンプルである、というものです。

私がテーマとして掲げている検索力は、Yahoo!カテゴリのようなカテゴリ一覧をクリックして情報に到達するものではなく、検索窓に文字を入れて情報を探すやり方が対象です。しかしこのやり方は、ある意味で検索にアクティブな姿勢の方なんですね。みなさんの日頃する検索は、どちらが多いでしょうか。そしてそのやり方で辿り着ける情報にはどんなものがあるのか、どんな場合に有効なのか、そんなことを考えてみるのも面白いかもしれませんよ。

コメント

コメントを書き込む

このアイテムは閉鎖されました。このアイテムへのコメントの追加、投票はできません。