サイト制作Q&A:ホームページを持つための費用の内訳を教えて!

ホームページを持つためにかかる費用は、ホームページ自体の制作費だけではありません。以下、大きく3つに分けて説明していきます。

開設費:ホームページの設置準備

ホームページを公開するには、最初に「ホームページの設置場所」と「ホームページの住所」を決めてあげなければなりません。そのために、前者は「サーバーを借りる」、後者は「ドメインを取得する」という作業をする必要があります。

サーバーは、多くの場合レンタルサーバーと呼ばれるものを借りることになります。サーバーの性能により、そのレンタル費用は月額数百円から、高機能なものであれば数万円まで幅があります。また月額の費用のほか、初期設定費用として最初だけ数千円が必要になることも多いです。

ドメインは、いわゆるホームページアドレスです。数千円の取得費用と年間数千円の管理費を出して完全に好きなアドレスを取得する方法と、選べる文字列にある程度制限はありますが無料で取得する方法(レンタルサーバーと一緒に契約など)があります。

制作費:コンテンツを作る過程

これがいわゆる「ホームページを作る作業」にかかる費用です。ウェブデザインというと、見た目を美しく整えることがメインのように思えるかもしれませんが、それは作業のごく一部です。実際は、現状を分析し、企画を考え、コンテンツを練り、テキストや写真を加工し、レイアウトを整え、プログラム(HTMLの場合はコーディングといいますが)をし、完成後に動作を検証するといった作業が含まれます。

運営費:公開後の管理と改善作業

ホームページは、いったん完成したらそれで終わりではありません。公開後は、必要に応じて随時更新していき、閲覧状況を調査・分析し改善点を探る作業(アクセス解析)が始まります。作って、検証して、また作りなおす、という過程がホームページの運営です。もちろん、訪問者からの問い合わせに対する応対なども重要な要素ですね。

私は基本的に、日常の運用業務はご依頼主側で行っていただくことをお勧めしています。その方が必要なときにすぐに更新ができますし、毎回制作側に更新を外注するよりもコストを大幅に削減することができます。もちろん、ホームページにコンテンツを新規に追加したり、大幅な変更を行うような場合は、責任を持ってご相談に乗らせていただきます。

活動事例

サイト制作Q&A