with Computer 2nd

コンピューターとマジにつきあう日々。

Go to Navigation

五輪サッカー

2008.08.16 2:37 pm

サッカー女子、いいですね。ノルウェー戦も中国戦も、必要な時にちゃんと点が取れてる点が素晴らしい。相手に寄せられていてもパスを受ける時のファーストタッチが冷静で、交わしたりいなしたり時間が作れる。前線はもう少し強引に反転してシュートぐらいの気持ちでもいいかなぁとは思いますが、パスの上手さは世界トップクラスだし、ボランチまでゴール前に顔を出せる攻撃の幅の広さとか、観ていて面白い。フィジカルや総力を技術でいかにカバーできるかという視点で見ると、男子サッカーとは違った面白さを感じられるんじゃないでしょうか。次はぜひアメリカに一泡吹かしてもらいたいです。

いっぽう男子は、やっぱり力負けだなぁという印象。ボールもある程度回せて、チャンスも作って、でも点が入らなくて、ちょっとしたスキをビシッと決められて負ける・・・勝負の勘所を押さえる強さが足りない。緩急がつけられない。このへんはずっと言われていることだけに、どうしたもんかねぇという感じです。

期待していただけに残念だったのが、本田圭。賢いし言うべきことも言うのは良いのだけれど、プレーでチームを引っ張ることができなかったと感じます。ファウルだってもっと上手にやらないといけないし、クロスの精度など最低限のレベルに届かないケースが多すぎるかな。無回転フリーキックは当たればすごい、でも当たらないとゼロというのを、他のプレーでもやっているような感じがしました。彼にはゲーム全体をコントロールできる選手になってほしいだけに、また精進してもらいたい。

逆に予想以上に良かったと思ったのが豊田。ポジショニングが良くて、ほとんど競り勝ってましたね。連携が今一つでチャンスを十分に作れてはいなかったですけど、才能を感じました。いまJ2では広島の昇格を阻む存在ですけど、山形が上がれなかったら広島においで(笑)

あと、オランダはひどかったですね。国内のファンは絶対評価しないんじゃないだろうかっていうくらい、放り込みの前線頼みの夢のないサッカーでした。今回はイタリアあたりが優勝なのかな。

category: サッカー

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます