with Computer 2nd

コンピューターとマジにつきあう日々。

Go to Navigation

来年度の展望と。その前に別れ。

2008.03.19 12:58 am

もう今年度も残りわずかになるのですが、4月からの仕事の多くが未だ固まっていません。いや、大枠でやるべきことははっきりしているのですが、具体的に1週間の時間をどんな感じで使っていくのかが、諸事情で何とも確定しない状況というのが正確なところでしょうか。

2005年度から本格的に始めた個人事業も、今年で4年目。1年目はなかなか仕事がなく焦り(笑)、2年目はいくつかの所から声をかけてもらえるようになり、3年目(つまり今年度)は大きめのプロジェクトに挑戦した年でした。次年度も大きめのプロジェクトに関われそうな気配ですが、今年度のように「何でも勉強、チャレンジだ」の精神だけでなく、時間やお金や人材や環境が決まったなかで相応の結果を残す、というアウトプットの確実性みたいな部分も意識したいなと思っています。

詳細を話せる時期が来れば書いていくつもりですが、4月からはプレゼンター的な役割を求められる機会が増えそうです。地味にコツコツやってる・考えてるというだけではダメで、それを他者がわかる形で出していき、それを媒介にコミュニケーションをとっていくような実践が求められる、という。そのためには考える力、表現する力を磨かないと。大変ですが面白い1年になりそうな予感はあります。

と、その前に今年度の仕事の締めというのもありまして、明日は歓送会。長いこといっしょに仕事をしてきた相棒が今月でチームを去るのです。自分にないスキルを持ち、心の余裕があり、そして気持ちを同じくして仕事ができる人なだけに(そういう人はなかなかいないものです)自分本位の感情で言うなら「ただただ残念」です。別れの場でどんな言葉をかければいいのかも悩むのですが、うーん、まぁ出たとこ勝負だな(あかんやん)。

category: 些事

コメント (2件)

  1. おなじく4月からの仕事の多く(すべて?)が固まっていないdoiです。いろんな意味でドキドキしてます。
    そちらの詳細を楽しみにしてますね!

  2. あら、doiさんもですか。お仲間ですね(笑)
    ま、今のご時世変化がないことの方が怖いですからね。対応できる柔軟さを身に付ける機会だ、と思うことにしてます。

コメントする

管理人にのみ公開されます