with Computer 2nd

コンピューターとマジにつきあう日々。

Go to Navigation

サンフレッチェ広島@水戸戦(第4節)

2008.03.23 10:14 pm

開幕からの連勝・無失点記録は途絶えたものの、土壇場での森脇の同点ゴールには観客も大喜びだったでしょう。高萩、槙野、森脇と日替わりでヒーローが出てるのが良いですね。昨年は得点を2トップに頼り切っていたので、こうしたFWじゃないメンバーや(現段階では)控えの久保が決めてくれると、チームとしても盛り上がります。

高萩の2枚のイエローはいずれも「抜かれそうになったところを責任を感じて止めた」というものに見えましたが、退場はちょっと厳しい処分かなと思いました。主審は上手い感じはしませんでしたね。全体的にイエローは乱発気味、笛は必要以上に吹くわ、リスタートの位置も厳密にこだわりすぎで、せっかくの雰囲気に水を差している印象を受けました。なんというか、選手とのコミュニケーションがないです。口頭で注意を与えてゲームを作るようなこともしてほしい。カードを乱発するだけでは、選手はもっとイライラしてしまうから。もっとも、その技量がないようにみえる審判がほとんどですけどね。

しかし、最ももったいないなと思ったのは水戸の戦い方。後半早々に2人分の数的優位でしかもリード。なのに慌ててボールを放り込むシーンが目立ってました。この状況なら、数的優位な場面が出来るまでボールを回してじっくり攻めるべきでしょう。広島は中盤に人数をかけられないサッカーになっていたのだから、普段よりプレスも緩いわけで、リスクを抑えながら相手をいたぶるサッカーはできたはず。カウンターで久保があっさり点を取った時は、勝ち点3もありえるんじゃないかと思ってしまいました。冷静に賢く戦えないのがJ2の下位チームたるゆえん、といえばそうなのかもしれませんが、今年はミトナチオからアグレッシブなサッカーに方針転換しているのに・・・木山監督も大変だなと思いました。

次節はお休みで、好調の岐阜、わが地元C大阪と続きます。ストヤノフの代わりは戸田かな。高萩の代わりにはクワシンが復帰するか、それともユキッチか。チーム力を上げながら戦っていってもらいたいです。

category: サッカー

コメント

コメントする

管理人にのみ公開されます